エステのリンパドレナージュは痩せる?マッサージとの違いは?基礎知識と仕組みを解説

リンパドレナージュ

昨今、リンパドレナージュという言葉がエステサロンなどで登場しています。リンパは体の調子に大きく影響を与えており、その流れを促進するのがリンパドレナージュの目的です。エステ リンパドレナージュは浮腫み解消だけでなく、幅広い効果を有しています。

 

エステサロンには幅広いコースがありますが、中でもエステ リンパドレナージュを選択することにどんな利点があるのかと考える方もおられるかもしれません。そこでこの施術によってどういった効果があるのか、どういったメカニズムでリンパの流れが促進されていくのかなどのポイントも紹介していきます。また、混同されることの多いリンパドレナージュとマッサージの違いに関しても解説していきます。

 

リンパドレナージュが今人気の理由

リンパドレナージュが今人気の理由
スリムで美しい体型というのは、女性にとって憧れの体型です。しかし、スリムな体を維持するためには普段運動をするなどの努力が必要になります。また、普段の生活習慣の中に太りやすい原因が潜んでいることも。

 

太ってしまうには様々な理由があり、人によって改善点が変わってきます。その太る理由の一つに、体内の老廃物が上手く排出できなくなるというものがあります。老廃物を上手く排出できずに溜め込んでしまうと、その老廃物が血液やリンパの流れを悪くしてしまい、体の代謝はどんどん落ちていきます。

 

新陳代謝が悪くなると、脂肪を溜め込みやすい体になり、更には老廃物が必要な栄養素の吸収も邪魔してしまい太りやすい体質へと変わっていってしまいます。

 

この太りやすい体質を改善しようというのが、痩身エステで行われているリンパドレナージュです。リンパドレナージュとは、リンパの流れを良くすることで老廃物を体外へ排出し、むくみを取りながら新陳代謝を高めることで痩せやすい体質へ変えていく施術です。

 

主にマッサージで行われますが、テレビで見るようなぐりぐりと強く押すようなものではありません。リンパは皮膚のすぐ下にあり、薄く弱い膜でできていますので、皮膚を撫でるように優しくマッサージが行われます。

 

効果については個人差がありますが、むくんでいた人は比較的サイズダウンが見込めるでしょう。というのも、リンパの90%は水分で出来ているので、リンパの流れを良くしてサイズダウンしたということはむくみが取れた、ということになります。

 

つまり、新陳代謝を促進する施術であって、直接脂肪を落とすようなエステではないということですね。

 

しかし、エステでマッサージをしてもらいながら、自分でもマッサージを続ければ代謝が上がり、確実に痩せやすい体へと近づくことが出来ます。むくみが気になる方は特に、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

そもそもリンパって何?

リンパとは身体中を流れている液体の1つであり、血管と似た働きをしています。栄養に関しても血液はアミノ酸やブドウ糖を運ぶのに対し、リンパ液は脂肪酸とモノグリセリドを運ぶようになっていて役割が分かれています。

 

リンパ液の大きな役割の1つに体の中の異物や老廃物を運ぶ働きがあります。体を構成する細胞から生まれる老廃物をリンパ液が運ぶことで、排出を促す仕組みです。ところが、リンパ液には血液で言うところの心臓がありません。

 

心臓にはポンプの役割があるので足先まで血液を送り出しやすくなっていますが、リンパ液にはポンプ機能を持つ器官はありません。とはいえ、リンパ管は1分間に数回は拍動しており、その拍動と筋肉の動きなどでリンパ液を運ぶ仕組みになっています。そのため、リンパ液は体の調子によって流れやすさが簡単に変わります。

 

しかし、リンパ液が円滑に流れなくなると体の様々なところに老廃物や異物が蓄積してしまうことになります。これが浮腫みなどの問題を引き起こす大きな原因の1つです。そこでリンパの流れを改善するために行われるのがリンパドレナージュという施術です。体型や体調を整えるために有効な施術として注目を集めています。

 

リンパドレナージュとリンパマッサージの違いについて

リンパドレナージュとよく似た施術としてリンパマッサージがあります。リンパドレナージュのドレナージュとはフランス語で排出を意味する単語です。つまり、リンパドレナージュとはリンパの排出を目的とした施術です。

 

手で筋肉を温めつつ解していくことにより、リンパの流れを妨げる原因を取り除きます。これにより、体内にある老廃物の排出作用を高める狙いがあります。リンパドレナージュの効果は多岐にわたっていて、体の痛みや浮腫みだけでなく疲労回復やリラクゼーション、美容作用などが期待できます。一方、リンパマッサージとはマッサージによってリンパの流れを良くしようとするものであり、こちらもエステサロンではよく行われている施術です。

 

リンパの流れを良くするということはリンパの排出を促すということなので、リンパドレナージュとリンパマッサージの違いはそれほど大きくありません。リンパドレナージュの方は排出の部分に重点を置いているといったところです。

 

フランスで生まれたリンパドレナージュのドレナージュという言葉は当初の日本では馴染みがなかったので、マッサージという言葉に言い換えられていました。そのため、ドレナージュとマッサージは期限的にも近しいものと言えます。

 

リンパドレナージュの効果

リンパドレナージュの効果とは

リンパドレナージュの効果①

人間の体を構成する液体は細胞内液と細胞外液に大別することができます。このうち血液中の血漿やリンパ液は細胞外液に分類されます。しかし、これらの液体に大きな違いがあるわけではなく、その成分に含まれている内容の少しの違いや流れている場所で名称が変わっています。

 

細胞外液はナトリウム、カリウム、カルシウム、クロールなどで構成されています。これらは必須ミネラルと呼ばれています。例えばナトリウムが優位であると血圧が高くなりやすく、カリウムが優位になると血圧が低くなりやすいという特徴があります。

 

他にも体内の酸性とアルカリ性(塩基性)のバランス、骨や歯の形成、筋肉や神経の働きの調整など幅広い働きがあります。リンパドレナージュでは若さや健康にとって大切な体液のバランスである電解質バランスを整えることができます。

 

リンパドレナージュではリンパを対象とした施術を行いますが、血液中の血漿とリンパ液は互いに影響し合っているので、血液の循環に関しても良い影響を与えることができます。その施術のクオリティはエステティシャンの技術によるところも大きく、エステサロンを選ぶ上での1つのポイントになっています。

 

リンパドレナージュの効果②

血液は心臓から送られて全身を循環し、再び心臓に戻ってきた後に肺へと向かいます。肺で酸素と二酸化炭素の入れ替えを行い、酸素を全身の細胞に送る仕組みです。血管は完全に液体を密閉しているわけではなく、毛細血管から血液中の水分(血漿)が漏れ出てきます。

 

この漏れ出た液体は細胞の新陳代謝で出てくる老廃物と混ざり合い、その一部が毛リンパ管に入ります。つまり、リンパ管には老廃物や血漿の成分が入っているということになります。ここで生まれたリンパ液はその後静脈系に注ぎ込んで、最終的には排出されていきます。

 

リンパ管は排出の機能があるため、逆流しないようになっています。リンパ管には所々にリンパ節があり、ここをマッサージする事でリンパの流れを促進することができます。リンパ液にはウイルスなども含まれることがあるので、リンパドレナージュを受けることで免疫力を高めることも可能です。

 

リンパドレナージュは美容の効果だけではなく、健康的な効果をももたらしてくれます。健康面が整うことが美容にも繋がるといった具合です。リンパ節の終点は鎖骨のくぼみの下にあるので、ここをマッサージすることが非常に重要となります。

 

リンパドレナージュの効果③

体が取り入れる栄養のうち、脂肪は体内で分解されると脂肪酸とモノグリセリドになります。これらの物質は小腸のリンパ管から吸収される仕組みになっています。その後、血管の循環系に運ばれていくのですが、リンパが滞っていると脂肪酸の運搬が円滑で無くなってしまいます。

 

その結果、本来脂肪酸を必要としている細胞などに行き渡らず活力が湧きにくくなってしまったり、カロリーが余りやすくなってしまったりといった問題が発生することもあります。そこでリンパドレナージュによって脂肪酸やモノグリセリドが円滑に運搬することが重要になります。

 

リンパドレナージュで脂肪酸が細胞にバランス良く運ばれることで、細胞が活力を取り戻してカロリー燃焼が行われやすくなります。つまり、リンパドレナージュでは痩せやすい体質になれる可能性が高いということです。また、血行が良くなることで冷え性の改善にも効果が期待できます。

 

リンパドレナージュで得られる効果はリンパの排出が円滑になるというシンプルなものですが、その中身は非常に豊富と言えます。昨今のエステサロンではリンパドレナージュに関する高い技術を持つ人材が重宝される傾向にあります。

 

リンパドレナージュで重要となるポイント

リンパドレナージュで重要となるポイント
リンパドレナージュはリンパ液の排出を促進する施術なので、フィルターの役割を果たすリンパ節の存在が重要となります。リンパ節は全身にたくさんありますが、その中でも11ヶ所のリンパ節を主要リンパ節と呼んでいて、リンパドレナージュにおける要所と言えます。

 

リンパ節は左右で分かれていて、右上半身のリンパ液は右リンパ本幹に集まって、右鎖骨の側にある静脈へと循環していきます。左上半身と下半身から集まってきたリンパ液は左リンパ本管から左の鎖骨の側にある静脈へと送られていく仕組みです。

 

リンパ節はリンパ液の水門のような役割を果たしていて、ここが詰まると老廃物などが溜まってしまいます。そこで水門を開けることがリンパドレナージュの大きな目的です。リンパドレナージュの施術では手先の力加減を上手く調整することが大切です。プッシュ(圧迫)するときはしっかりとして、アップ(弛緩)して緩めることも非常に重要と言えます。施術においては親指以外の4本の指を上手く使っていきます。リズミカルに揉みこむのがポイントです。

 

リンパドレナージュを行う際には肌をなんらかの手段で解しておくとリンパ節が開きやすくなります。

 

 

リンパドレナージュの基本マッサージ

リンパドレナージュを行う際にはまずベースマッサージが施されることが多いです。ベースマッサージで解すことで施術が円滑になるからです。自分でも試してみたいという方は両手の4本の指のお腹を、左右の耳の下の上深顎リンパ節部分に置きます。

 

このリンパ節は耳の裏側にあります。この位置をキープしたまま肌をプッシュし、緩めた後に肌を元の位置に戻します。この動作を下にずらしながら行っていきます。この時にしっかりと呼吸を行うのがポイントです。それが完了したら鎖骨下リンパ本幹部分をマッサージしていきます。

 

ここはリンパ管の終点とも言える部分なので特にマッサージしておく必要性が高いと言えます。鎖骨のところにまず指を揃えて置きます。その後、左右同時に外から内への円運動を行って解していきます。

 

首の付け根には太いリンパ管があるので、それを圧迫しすぎないようにすることが大切です。押すときは息を吐きながら、緩めるときは息を吸いながら行います。自分で行う際には手を交差することでマッサージしやすくなります。5回程度行うのがおすすめです。エステサロンにおいてもこの部分の揉みほぐしは時間をかけて行うことが多いです。

 

 

目的に合わせたリンパドレナージュ

リンパドレナージュはそれぞれの目的に合わせて施術の箇所や方法が異なります。例えばリラックスをするために行う場合は耳下腺のリンパドレナージュを行います。耳たぶの前方くらいのところに耳下腺リンパ節があります。ここを中心として両手の4本の指の真ん中を空けてくっつけてV字型を作ります。

 

このV字型にした指で耳を挟みます。開いた指の根元が耳たぶに当たる形です。その状態から耳の前側と後ろ側を推していきます。力を緩めながら円を描くマッサージを施します。指の腹でリンパ節を押す形になるので、慣れないと少し難しいかもしれません。このリンパドレナージュを行った後は前述のベースマッサージを行います。

 

ベースマッサージはリンパ管の出口にあたる部分を解す施術なので、耳のリンパ節を解した後にも行う必要があります。リンパドレナージュはアロマオイルを使ってアロママッサージとして行うことも可能です。その場合はお好みのベースオイル10mlにエッセンシャルオイルを2、3滴垂らします。何か緊張する場面があった日には特に肩や首の筋肉がこわばっている可能性があります。そんな時にもリンパドレナージュは非常に有効となります。

 

 

リンパドレナージュの流れ

リンパドレナージュは簡単なものであれば自分で試すこともできますが、本格的にリンパの流れを改善したいという場合にはエステサロンで施術を受けるのが効果的です。リンパ液の循環を整えることにより、むくみやシミ、シワ、肌荒れなどに効果があります。

 

初めに背中のトリートメントを行います。背中に溜まった老廃物や有害物質、余分な水分などを手の動きで押し流していきます。背中のトリートメントは自分で行うことが困難であり、エステティシャンの技術が高いため、効率的に押し流すことができています。

 

側面も含めたトリートメントです。その後は両腕のトリートメントを行います。腕が浮腫みやすいという方には特に効果的であり、左右のバランスを調整しながら施術をしてくれるのが嬉しいポイントです。これらのトリートメントはそれぞれ全く別の部位を解しているようですが、リンパ管で繋がっているので施術の効果が相互に影響し合います。これが最終的には大きな効果へと結びついていきます。

 

両腕のトリートメントが終わったら、両足のトリートメントを施します。足の付け根や膝裏はリンパの流れが悪くなりやすい場所として知られており、ここを解すことはリンパドレナージュにおける重要な要素の1つです。

 

ふくらはぎから一気に太ももまで老廃物を集めます。最後はしっかりとリンパ節に押し込めるという高い技術を要する施術です。両足が完了したら次はお腹のトリートメントです。背中から流してきたリンパ液をしっかりと引き継いで流していきます。

 

最後にはデコルテから首肩周りのリンパを流します。顔まわりのリンパを円滑にする施術もここに含まれています。そのため、施術後には血色が良くなるというケースも存在します。そこまで完了したら体のオイルを拭き取ります。

 

リンパ液が滞っている方がリンパドレナージュを受けるとトリートメント終了後にだるさを感じることがありますが、これはリンパ液が本来の流れを取り戻して正常化している過程の状態です。その後、ゆっくりと過ごすことで老廃物の流れが促進されて正常化が完了し、翌朝頃には浮腫みや疲れが取れるとされています。

 

普段からリンパが溜まっていればいるほど、その傾向は強くなります。

 

 

リンパドレナージュを仕事として行うには資格が必要なの?

リンパドレナージュ
昨今ではリンパドレナージュを仕事として行う方も増えています。ハンドマッサージによる施術でお客さんのリンパの流れを促し、健康や美容に良い効果を及ぼすことで満足してもらうのが仕事としてのリンパドレナージュです。

 

エステサロンではリンパドレナージュが盛んに行われるようになってきましたが、医療用マッサージのように国家資格があるわけではありません。しかし、その技術は資格によって裏付けされており、エステサロンで活躍したいと考えるならば資格取得を目指すのが近道と言えます。リンパドレナージュに関する資格にはいくつもの種類があり、リンパケアセラピスト、リンパセラピストなどの名称が使われています。

 

資格の数も複数あり、そのいずれもが民間資格なのでどの資格を取るのかも重要なポイントとなっています。リンパドレナージュのマッサージは強い力をかけて行うものではなく、優しく撫でさする手法なので、腕力に力がない方でも行うことができます。

 

資格の取得も重要ですが、実際に働く上ではお客さんに満足してもらうことが重要となるので、資格以外にも技術を磨くことが重要となります。もちろん、技術だけでなく知識も大切です。

 

リンパドレナージュ施術者に求められる能力

リンパドレナージュにはリンパに関する知識と施術の技術が必要となりますが、それ以外にも重要な能力が必要となります。それはお客さんの心身の状態を見極める能力です。リンパドレナージュではリンパの排出を促すために施術を行いますが、まずはお客さんの状態を判断しなければなりません。

 

首が強く凝っている方もいれば、全体的に凝りがある方もいます。リンパドレナージュはバランス良くリンパを解していくことが大切であり、均等に解すだけでは元々の凝りの関係上バランスが悪くなってしまいます。強めに解すべき部分、あまり解さなくても大丈夫な部分をお客さんごとに判断します。

 

同じお客さんであっても日によって凝り方が変わってくるので、その都度を判断をすることが重要となります。また、体の状態だけでなく精神的な状態もリンパドレナージュを行う上で大きなポイントになります。

 

リンパドレナージュは施術の箇所は方法によってリラックスや快眠効果をもたらすことができます。それぞれの方が抱える悩みをリンパドレナージュによってどこまで解決できるのかが重要な要素です。上手く施術を行っていくことでお客さんの満足度は高まっていきます。

 

リンパドレナージュの資格:リンパケアセラピスト

リンパドレナージュは施術者の技術や知識、洞察力などが重要になりますが、働き始める上ではやはり資格も大切です。資格を有していることは修飾する際のアピールポイントにもなります。

 

また、資格取得のために学ぶこと自体がリンパドレナージュ施術者としての知識を深めることに繋がります。代表的なリンパドレナージュの資格の1つにリンパケアセラピストという資格があります。この資格は通信講座のキャリアカレッジジャパンが設けています。

 

所定のカリキュラムを修得し、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定のリンパケアセラピストの資格を取ることができます。同時にアロマセラピストの資格も取ることができるので、余力があれば取っておくことをおすすめします。

 

リンパケアスペシャリストも代表的な資格の1つです。こちらもキャリアカレッジジャパンに講座が設けられている資格です。認定しているのもJADPです。こちらはメディカルハーブセラピストの資格と同時資格ができるようになっています。メディカルハーブセラピストもエステサロンで働く上では有用な資格なので、可能であれば取っておくことをおすすめします。就職の際にも役立ちます。

 

リンパドレナージュの資格:メディカルリンパセラピスト

社団法人日本メディカルリンパセラピスト協会(SEAS)が認定する資格にメディカルリンパセラピストがあります。この資格は中医学をベースに、骨格や筋肉及び骨盤の歪みを矯正する技術を融合しており、リンパを流しやすい体を作っていくことができる方に与えられます。

 

メディカルという言葉が入っていることからも医学的な知識が求められるのが分かります。他にも経絡リンパセラピストという資格があります。この資格はアジアンビューティ 経絡リンパ専門学院が主宰しています。「十二経絡アロマリンパデトックス療法」をマスターした方に認定される資格です。

 

経絡リンパに関する資格は日本では非常に珍しいです。リンパドレナージュを仕事として行うにあたってどの資格を取れば良いかというのは難しい問題です。資格を多く取得していればいるほど、就職の際にアピールポイントになるのは確かですが、実際に働く上では資格以外の部分も重要となります。

 

まずは各資格の詳細な情報を確認し、自分がなりたいエステティシャン像と合致しているものを探すことがおすすめです。資格の取得後も知識や技術を磨いていくことがエステティシャンとして成功するためのポイントです。

 

 

リンパドレナージュの現状と今後

リンパドレナージュはその高いデトックス効果に注目が集まっており、エステサロンの人気メニューとなっています。現状では国家資格がないため、リンパドレナージュの認定資格を持っていても医療系のリンパドレナージュを行うことができません。

 

しかし、その効果は多くの方によって評価され、実際にリンパドレナージュの施術を受けに来るお客さんは多いです。法的な位置付けと実際の状態が少し分かりにくくなっています。そのため、法的な整備が望まれています。

 

リンパは体において重要な役割を果たしているため、今後もリンパドレナージュに対する需要は安定していると見込まれています。知名度が上昇することで需要が高まることも想像できます。加えてリンパドレナージュの精神面への影響にも注目が集まりつつあります。

 

リンパドレナージュは全身のリンパの流れを整えることで浮腫みを取ったり、免疫を高めたりといった効果がありますが、精神的なリラックス効果も含まれています。このことが話題になれば、体の調子だけでなく、心の調子を整えるためにリンパドレナージュの施術を受けたいという方が増えるかもしれません。

 

リンパドレナージュはそんな可能性を持っている施術です。