骨盤矯正ダイエットで下半身痩せ!1日3分や500円でできる方法とは?

骨盤矯正ダイエットで下半身痩せ!1日3分や500円でできる方法とは?

ダイエットをするにあたって、骨盤ケア、骨盤ダイエットといった言葉を耳にしたことはありませんか?骨盤が歪んでいると、太りにくい体質に…というのは、一般的に知られるようになりました。エクササイズなどで骨盤を正しい位置に…というダイエット方法も色々と見かけますね。

 

実はエステサロンで行われる痩身エステでも、こうした骨盤へのケアで体質改善をする施術が出てきています。骨盤ケアを行うサロンとしては、スリムビューティハウスなどが有名ですね。
骨盤のケアを、と言いますが、実際に骨盤が歪んでいるとどんなことが起こってしまうのでしょうか?よく骨盤が歪む、という言葉を聞きますが、実際は歪んでいるのではなく緩んでいるのだそうです。

 

特に女性は出産などでいったん骨盤が開いた状態になってしまいますよね。出産後はきちんと骨盤ケアをしないと、そのまま緩んだ状態になってしまって、脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

出産後に太ってしまって…というのはこういう理由なのですね。脂肪がつきやすくなる他にも、腰痛や目の疲れ、肩こりなど、骨盤の緩みが起こすトラブルは多くあります。下半身に脂肪がつきやすくなるのを避けることはもちろん、健康のためにも骨盤を緩んだままにはしておきたくないものです。

 

そういった悩みを解決してくれるのが、痩身エステで行われている骨盤ケア。これは骨盤周辺の筋肉を刺激して、太りにくい体質を目指します。

 

普通に食事制限や運動をしても、骨盤が緩んだままでは思うような効果を得られないことが多いです。運動などの他に骨盤ケアを取り入れることで、ダイエットの効率はずっと良くなります。大手サロンでは格安で体験コースを提供していることが多いので、試してみてもいいかもしれませんね。

 

骨盤矯正はなぜ必要なのか?

なかなか下半身のダイエットに成功しない、と悩む女性はたくさんいます。そんな時は、骨盤矯正が必要です。体の中心で、全身を支える大事な部分が骨盤です。女性は、出産や、立ち仕事、パソコン操作で座りっぱなしの姿勢で骨盤が歪んでいるかもしれません。

 

腰周りについたお肉、むくんだ足の原因は、体が冷えたりリンパの流れや血行が悪くなってる場合があります。また、骨盤と下半身をつなぐ筋肉の衰えも、ダイエットが失敗する原因と考えられます。骨盤が歪んでいると内臓や血管を圧迫して、体の正常な働きの妨げになります。骨盤矯正をして、体のさまざまな働きを活発にし、すっきりとしたスタイル、下半身ダイエットの成功を目指しましょう。

 

骨盤が歪んでしまう原因

日頃から骨盤のことを気にして生活している人は少ないと思いますが、実はとても大切なのです。小さいころに姿勢が悪いと背筋を伸ばしなさいと、親や先生に叱られた記憶はありませんか。確かに姿勢の良さ、は肝心です。しかし間違った姿勢の正し方では、骨盤の歪みは改善しません。

 

骨盤が歪むとは、開いた骨盤が戻っていない状態や、左右の腰骨の高さが違っていたり、ひねった形になっている状態、前後どちらかに倒れている状態のことを言います。その原因の一つは出産です。産後開いた骨盤が戻り切っていないことで歪みます。

 

そのほかに、立ち仕事、座りっぱなしの姿勢が続いたり、座る時に明日を組んだり、同じ方の肩にかばんを掛けて持っていたりすることが考えられます。さらに腰周りの筋力の衰えも挙げられます。女性にとってとても大切な子宮を守るための骨盤をもっと意識して引き締めていけたら、姿勢も良く立ち姿が違って見えます。

 

長年かけて歪んでしまった骨盤を元に戻すのは大変ですが、簡単なエクササイズと骨盤の引き締めで見違えるように、すっきりと整えることは可能です。筋肉でしっかり支えることで骨盤矯正をして下半身ダイエットの挑戦しましょう。

 

骨盤の歪みをチェック

骨盤は骨なので、歪みをチェックするはレントゲンを撮るのが一番早いのですが、なかなか難しそうなので鏡を見たり、セルフでチェックしてみましょう。鏡の前でまっすぐ立ちます。左右の腰骨の高さ、肩の高さに違いがないかチェックします。足を伸ばして座ります。

 

力を抜いてつま先が開いた状態を見てきれいなV字になっているか見ます。どちらかが開きすぎていたり、閉じすぎていると骨盤が歪んでいる可能性があります。脚を横曲げに座る、いわゆる女の子すわりをして左右どちらか、痛かったり座りづらい方があれば、歪みがあります。

 

仰向けに転んで両ひざを立て、両ひざを揃えながら左右の倒したとき、倒しづらい方があれば骨盤にねじれの歪みがあります。壁にお尻をつけて立った時、背中と壁の間、こぶしが入るほど隙間がある場合は骨盤が前傾、反対に手のひらが入らないほど壁に、近い場合は骨盤が後ろに倒れている歪みが現れています。

 

生活習慣でいつも同じ方の足へ体重をかけていたり、ぎっくり腰になったことがあるなど心当たりはないかもチェックしておきましょう。骨盤の歪みで左右の足の長さが変わるので、歩くだけでとても疲れてしますことがあります。

 

骨盤ダイエットの効果

日々ダイエットに励んでいるのに効果が出ないと、悩んでいる女性は多いと思います。ダイエットを始めるとき、真っ先に思い浮かぶのが食事制限です。難しいカロリー計算は面倒ですし、好きな食べ物を我慢しなければいけません。

 

最近流行りの糖質制限をしてもなかなか効果が出てこないなど、悩みが尽きません。そんな時に、骨盤矯正をしてみるのがお勧めです。実は、いろいろなダイエットを試してみても体にその効果が巡り切らず、滞っている可能性があります。

 

骨盤の歪みから、内臓や血管が圧迫されていたり、体の冷えや筋力の衰えでリンパが詰まる原因になって、ダイエットの効果を十分に得られなくさせてしまいます。骨盤を正しい位置に戻せば、今までの日々ダイエットを続けた効果をより感じることができます。

 

骨盤の歪みを正すと、今まで滞っていた血流やリンパの流れが良くなり下半身に溜まっていた老廃物を流し、ホルモンの分泌を活発にさせ、必要な栄養が全身に行き渡ります。骨盤を支える筋力が上がって脂肪が消費されやすくなります。腹筋やインナーマッスルが鍛えられればむくみや冷えが改善され、代謝が上がります。骨盤矯正はダイエットの近道になります。

 

下腹も骨盤矯正で解消

下半身太りの筆頭が、下腹太りです。どんなに食事制限してもへこまないし、腹筋は苦手、という人も多いはずです。

 

では、なぜ下腹が出てしまうのでしょうか。骨盤が歪んでいると、その中にきちんと納まっているはずの内臓が、下に落ち込んでしまっていると考えられます。あるべき正しい位置に無い場合、ほかの臓器を圧迫し機能が低下します。

 

下垂する臓器のほとんどが消化器官なので、消化不良を起こしダイエットに必要な栄養素が吸収されず、便秘を引き起こす原因になります。本来ならば、骨盤の中には子宮があるので胃や大腸が下垂して圧迫されると、女性特有のリズムも崩れてしまいます。

 

骨盤の歪みを元に戻して消化器官の働き活発にさせるだけでも違いは出てきます。意識して骨盤をまっすぐ立てる気持ちで姿勢を整えると自然にお腹に力が入りやすくなり、筋力アップにつながります。また腰痛や、ヒップアップにも効果があります。下腹太りの人に多いのが腰痛です。

 

骨盤矯正に必要なのは支える筋力です。おなかと腰の両方で、持ち上げる気持ちで支えるのが効果的です。それと同時に下垂している胃や大腸を元に戻すようにお腹のマッサージを取り入れると良いでしょう。

 

O脚X脚も骨盤の歪みサイン

スタイルに重要なのが、見た目にも良いすらりと伸びた脚です。以外にも自分では見えづらいので気が付きにくいのがO脚や、X脚です。まっすぐ足を揃えて立った時に両方の膝の間が開いているのがO脚、反対に膝が内側を向いてくっついてしまうのがX脚です。

 

骨盤からつながる大腿骨の付け根が股関節です。股関節が正常な位置にあって、周りの筋肉と連携することにより、脚を前後左右にスムーズに動かすことができます。骨盤が歪んでいたり開いていると股関節の向きが変わってしまい、O脚やX脚を引き起こします。

 

O脚やX脚では歩くときに余計なところに力がかかります。筋肉のつく場所に偏りができ、太ももやふくらはぎだけ太く見えてしまいます。骨盤の歪みを矯正して股関節の動きがスムーズになれば歩行が楽になるので疲れも軽減できます。先ずは骨盤を引き締めて股関節を安定させ、正しい歩行を意識しましょう。

 

股関節の可動域を広げると運動がしやすく代謝を上げることにつながるので、ストレッチや簡単なエクササイズを取り入れるのが良いでしょう。脚に付いてしまった硬い脂肪はマッサージでほぐし、リンパに流します。骨盤矯正をしてスムーズに流していきましょう。

 

骨盤の歪みを改善するエクササイズ・トレーニング

骨盤の歪みを改善するエクササイズ・トレーニング

簡単エクササイズで歪みを改善①

本来、骨格は日常生活の中で歪んでくるものです。人には利き手があるように、足にも効き足があります。無意識に利き足に、重心をかけてしまうので少しずつ歪んでくるのです。毎日の簡単なエクササイズを取り入れて、リセットしましょう。

 

骨盤の周りからストレッチすれば、他のエクササイズも動かしやすくなります。うつぶせに寝て、あごの下で両手を組みます。お尻から足先を、まっすぐに伸ばします。膝を曲げずに、まっすぐ右足を床から上げます。床に伸ばした左足の上にクルスさせて、そのまま20秒キープします。

 

反対も、同じように20秒キープしましょう。これを2回行います。両脚をできるだけ深くクロスすれば、股関節に効果が上がります。お尻と太ももの内側がストレッチされていることを確認しながら行うと良いです。このエクササイズは、脚を上げてお尻の筋肉を鍛え、クロスさせることで外側に開いた骨盤を内向きに戻していきます。

 

しっかりとクロスさせていきましょう。ただし、床に伸ばした脚は膝のお皿がきちんと床につけてまっすぐ伸ばします。膝が横に倒れてしまうと、骨盤矯正の効果が低くなってしまうのでしっかり確認しながら行いましょう。

 

簡単エクササイズで歪みを改善②

ねこ背で背中が丸くなっていたり、肩が内側に向いている姿勢のときは、骨盤が後ろに倒れている可能性があります。逆に背すじを伸ばしているつもりでも、反り腰になってしまい、骨盤は前傾してしている場合があります。

 

ヒールの高い靴を履くときなどは、膝が曲がりがちで、太ももに大きな負担をかけて歩く姿はとても美しいとは言えません。骨盤につながる太ももの筋肉を、伸ばしていきましょう。脚を前に投げ出して座り、つま先は上を向けます。膝のうらは、床につけましょう。背筋を伸ばしたまま、ゆっくり前に倒していきます。

 

つま先を握れたら握って、太ももの裏を伸ばした状態で10秒保ち、これを3回行います。慣れてきたら、少しずつ上体を前に倒していきましょう。つま先は必ず上を向けておきます。膝の裏が床につかない場合は、普段から膝が曲がった状態で歩いているかもしれません。背中を丸めて立つ姿勢の時は、太ももの裏の筋肉は緩んだ状態のままです。

 

筋肉は伸びたり縮んだりすることで鍛えられるので、緩んだ筋肉をしっかり伸ばしましょう。太ももの裏の筋肉をストレッチすれば、溜まったセルライトが落ちて、立ち姿がすっきりと美しく見ます。

 

簡単エクササイズで歪みを改善③

もも張りは、下腹に次ぐ下半身太りの代表です。太ももが横に張り出して太くなるのは、骨盤が外向きに開いている状態だと考えられます。まっすぐに直せば、大腿骨と周りについた筋肉が正しい位置に戻ります。股関節の柔軟性を高めると、骨盤の歪みを元に戻そうとするスイッチが入るので、徐々にダイエットの効果が現れます。

 

あぐらをかいて、骨盤を開いた状態から始めます。体の前で、左右の足裏を合わせて座ります。できるだけ骨盤を立てて腰を、まっすぐ保つように意識しましょう。良い姿勢になったら、つま先を両手で持ちます。背中が曲がらないように、上体を腰から倒していきます。

 

股関節の周りの筋肉が伸びていることを、確認しながら倒しましょう。このストレッチは、10秒を3回ほど行います。骨盤の後ろ側の真ん中に仙骨があり、背骨からつながっています。仙骨は、全身の骨格の中心に位置しているので、骨盤矯正には大切な部分と言えます。

 

この仙骨の周りの筋肉も程よく伸ばし、ストレッチすればダイエットの成果が早く訪れるでしょう。腰の横についてしまった余分なお肉を、お尻の方に移動させてボリュームのある、美尻をつくことも可能です。

 

簡単エクササイズで歪みを改善④

下腹の改善にはやはり腹筋が必要ですが、腹筋を鍛えるのは大変です。無理に腹筋運動をすると、逆に腰を痛める原因にもなります。もともと骨盤が歪んでいる状態で腹筋を鍛える運動をしても、効果はなかなか出てきません。

 

骨盤矯正を行いながら、同時に腹筋を鍛えて下半身ダイエットにつなげましょう。あお向けに寝転んで脚をまっすぐに伸ばします。次に右足を深く曲げて、右手はスネにかけ左手は足の甲にかけます。この状態からお腹にぐっと力を入れ少し上体を起き上がらせます。

 

おへそを見るように起き上がると、うまく力がはいります。初めは床から背中がすこしだけ、浮く程度上がれば十分です。片足につき10秒を3回繰り返します。腹筋を使って起き上がるというよりも、手の力で股関節を大きく動かしている意識で起き上がります。

 

この動きで自然とお腹に力が入って、腹筋が使われているのがわかります。股関節を大きく動かすことで、骨盤の歪みを改善すると同時に、お腹の筋肉の引きしめにも効果が抜群のストレッチなので、ウエストのくびれや、下腹痩せに効果があります。腹筋運動が苦手な女性にも簡単に行えるので毎日の骨盤矯正の運動に加えていきましょう。

 

簡単エクササイズで歪みを改善⑤

自分の骨盤の歪みのチェックをしたときに、どちらかに傾いていたのがわかりました。頭からつま先まで、まっすぐな重心をとれる姿勢に保ちましょう。骨盤の前後左右の傾きを元に戻すことで、全身の軸をまっすぐにすることができます。

 

下半身ダイエットがうまくいけば、自然と姿勢もすっきりと見えてきます。脚のむくみには、ふくらはぎの筋肉が大きくかかわっています。筋肉の伸び縮みの運動で、血液やリンパの流れを促しているからです。ふくらはぎの筋肉を、ストレッチしましょう。ここでは、かかとでバランスを取ります。

 

床に5から6㎝の高さの台を用意します。ある程度重さがあり、安定したものを用意してください。家にある段差を、利用しても大丈夫です。台に両方のつま先を乗せます。頭、肩、腰、かかとがまっすぐになっているか確認します。30秒そのままの姿勢を保ち、ふくらはぎを伸ばします。

 

2回行いましょう。初めは違和感があるかもしれませんが、これが本来の良い姿勢です。普段ハイヒールだったり、前傾した姿勢でいるときは重心がつま先にかかります。美しい姿勢は土踏まず全体で重心をとるので、骨盤と背骨がまっすぐになる感覚を確認しておけば、姿勢が悪いと思ったときにすぐに戻せます。

 

簡単エクササイズで歪みを改善⑥

無意識に姿勢が前に傾いていたりしていると、いつの間にか骨盤がゆがんできて、全身がねじれた状態になっていたら大変です。骨盤がねじれた状態では全身のお肉が緩んでしまい、むくみや冷え症、下半身ダイエットには大敵がたくさん出てきてしまいます。

 

体のねじれをほぐしてまっすぐに戻せば、骨格に引っ張られて一気にお腹のお肉を引き締めることができます。お腹とお尻に力を入れて、まっすぐに立ちます。左足を右足のつま先の前に置き、足をT字にします。こうすることで、股関節を内向きにします。

 

次に、右腕を肩の高さまで上げてからひじを曲げて、骨盤から左に大きくねじります。ここで10秒保ちます。反対側も同様に、10秒を2回ずつ行いましょう。脚と上半身を逆にねじることで、体の軸をリセットしてお肉が骨格に引っ張られてタテに伸び、お腹がへこみます。

 

脚の骨の位置も戻すことができるので、O脚やX脚を元に戻しむくみを解消します。もしも、腰痛やひざ痛がある場合もこのストレッチで緩和されます。ねじる時は、痛くない所で止めましょう。効果があるからと言ってやり過ぎは禁物です。このねじる運動では骨盤だけでなく、全身の骨格が元の位置に戻るので姿勢が美しくなります。

 

骨盤矯正の心強いグッズとは

骨盤矯正の心強いグッズとは

簡単、骨盤枕を利用してみよう

骨盤の歪みはほとんどが、外側に開いてしまっている状態です。簡単にできる骨盤枕を使って骨盤矯正していきましょう。バスタオルを用意します。自分の腰の幅にバスタオルをたたんでクルクル巻きます。これで骨盤枕の出来上がりです。

 

床に足をまっすぐにして座り、お尻につくように骨盤枕を置きます。ゆっくり後ろに倒れて仰向けになります。この時、骨盤枕がおへその真下に来るように置きます。両脚の親指を合わせてハの字にして、お腹をへこませます。両腕は頭の上に伸ばして手のひらを床に向けて両手の薬指と小指を合わせます。

 

顔は天井を見てしばらくキープします。初めは短い時間から少しずつ時間を長くして3分から5分程度キープできれば大丈夫です。開いた骨盤を内側に締めることでダイエットに効果があります。ダイエットと同時にヒップアップの効果があるエクササイズにも使用できます。

 

今度はうつぶせで寝転んだところに、恥骨に枕の中心が来るように置きます。両手は重ねてその上にあごを置きます。右足の膝を曲げてかかとを太ももの裏に近づけて3分キープします。曲げた膝を伸ばして、床から上げられるところまで上げて10秒キープします。

 

左足も同じように行います。最後に両脚を曲げてふくらはぎがふとももにつくように引き寄せて3分キープします。

 

巻くだけ簡単、骨盤ベルト

簡単エクササイズでゆっくりできる時間がなくても、いつもの活動を利用して骨盤矯正ができるのが骨盤ベルトです。最近では、100円均一ショップでも手に入るエクササイズバンドを使用して、骨盤ベルトの代用にしてみましょう。先ずは、腰骨の一番出っ張りの下に、二重にエクササイズバンドを巻き、結びます。

 

少しだけきつめに、巻きましょう。二重になっているうちの一本を、お尻の下にずらします。この時エクササイズバンドは、下腹のところでクロスしています。お尻を挟んだように、巻かれています。

 

骨盤が締められて、安定しているのがわかります。この状態で3分から5分、活動していれば十分です。洗濯物を干したり、掃除をしたりしていればあっという間に時間が過ぎます。きつく締めすぎるとうっ血したり、痛みが出るのでその場合はバンドを緩めたり、使用するのをお休みして利用しましょう。

 

専用の骨盤ベルトは筋肉の動きを補助する役割があるので、腰痛がある時などに使用します。エクササイズバンドは骨盤を締めながら運動することで元の位置に戻そうとします。普段の活動の中に取り入れることができるので、とても手軽に試すことができます。

 

運動好きなら筋トレで骨盤矯正

運動が苦手ではない人には、筋トレがお勧めです。普段から猫背の姿勢や、アヒル座りなどで骨盤が歪んできます。これは腰の奥にある、大腰筋が弱ってしまう原因になります。大腰筋を鍛えて、骨盤を元の位置に戻しましょう。お腹とお尻に力を入れて、足を揃えてまっすぐに立ちます。

 

右足を大きく前に踏み出して、右足に体重を乗せます。この時右足の膝が90度になるようにして、そのまま3から5秒止まります。左足は伸ばしておきましょう。脚を元に戻して、反対の足も同様に行います。交互に左右5回ずつ、10回1セットで行いましょう。

 

慣れて来たら、2セット以上増やしていきましょう。腰痛やひざ痛がある場合は、あまり負荷がかからないように、脚を前に出す時は近くに踏み出しながら、無理のないように行いましょう。大腰筋は腰椎から骨盤を通り、大腿骨の付け根につながっているインナーマッスルです。

 

腰の奥深くにあるので普段の歩行だけでは、なかなか鍛えることが難しいのでこのトレーニングをすることで、骨盤を支える筋肉が発達して元の位置に戻してくれます。脚を大きく踏みだすことで、下半身の血流が良くなり代謝を上げていきます。脂肪を燃焼させてダイエットにつなげましょう。

 

500円で気軽に体験できる骨盤ダイエット

500円で気軽に体験できる骨盤ダイエット

ダイエットしたいけど、自己流ではなかなか結果が出ないことがあります。そんな時はプロにお任せするのが、手っ取り早いのではないでしょうか。

 

スリムビューティーハウスでは、骨盤ダイエットコースが500円で体験できます。当サイトの痩身エステのおすすめランキングでも上位にランクインしている優良エステサロンです。

 

カウンセリングでどの程度の歪みがあるか、ボディサイズ、生活習慣のチェックやコースなどの詳しい説明を聞きます。まず、Mキューブウェイブを使用して、骨盤周りの筋肉を鍛え、引き締めていきます。骨盤周りの筋肉を鍛えることで代謝をアップさせて、リンパの流れを良くすることで、脂肪が燃えやすい体質に改善していきます。

 

カップでのトリートメントでは、背中のスリムポイントを吸引して、体の巡りをケアするお手入れです。ポイントに沿って字徐々に体温が上がっていき、痩せやすい体質を目指します。最後はプロのハンドマッサージで、脂肪燃焼を助けます。リンパを流して体を温め、徹底的にサイズダウンします。

 

自分では手の届きにくい、お腹、ヒップ、脚の気になる部分を集中ケアしてくれます。エステティックサロンの骨盤ダイエットでは、アドバイスもしてくれるので一人で頑張らなくてよいのです。充実の内容で70分の本格コースが500円で体験できるので、試してみる価値はありそうです。